中古車は綺麗にして売ったほうが高くなる?

中古車を買取業者に査定してもらうとき、綺麗にしたほうが高く売れると言われています。

 

外観を綺麗にするのに洗車・ワックスがけして、内装はゴミ・ホコリを除去してニオイを消しておきます。
実際に喫煙車よりも、禁煙車のほうが高価で取引されるため、査定額に響いてくるのも間違いありません。
綺麗に扱っていると、車を査定する営業マンからの評価も高くなるのです。

 

プロの心理としても、綺麗に乗っている人の車を高く買取りたいと思うものです。
ドロドロの車では、低く評価したくなるのは仕方ありません。
特に綺麗にしたいポイントは足回りです。
目に見えにくい部分だからこそ、普段の扱いが出てしまうのです。
足回りの泥はしっかりと落としておきましょう。
車を綺麗にしたから、必ず評価額が高くなるとは限りません。

 

業者によっては、年式・走行距離・カラーといった車両情報だけで評価するところもあります。
こうした業者では、車が綺麗でも汚れていても買取額は同じになってしまいます。

 

あと、実際に見積もりをするスタッフの裁量が関係してきますので、綺麗にすれば高く評価してくれる人と、まったく評価してくれない人がいるのです。
いずれにしても、車が汚いと損をする可能性はありますが、綺麗にしておいて損をすることはありません。
車の手入れ・メンテナンスをほとんどやらない方も、中古車を売却する前には洗車・車内の掃除くらいは行っておきたいものです。
これは高く売れるかどうかの問題ではなく、売却におけるマナーです。

中古車は綺麗にして売ったほうが高くなる?関連ページ

車買取り 走行距離の微妙なカンケイ
車買取りの評価とどの位の走行距離なのかということは、密接に結びついています。逆に考えて、自分だったら、何キロ程度の走行距離の中古車なら買うかという目線で見るとわかりやすいかもしれませんね。