車買取り 走行距離の微妙なカンケイ

車買取り 走行距離は大事な査定価格を決定するポイントです。

 

車買取りの査定では、その線引きは5万キロといわれています。
つまり、車を売却する場合には5万キロ手前で手放すほうが効率がいいんですね。

 

車買取り,走行距離

 

逆に中古車を購入する場合に少しでも割安に購入するときにも、ポイントは5万キロです。
狙い目は、「走行距離5万km以上」!
基本的に中古車相場からみて走行距離が「5万km」を越えると価格が大きく下がるのですが、
ここで注目したいのが、走行距離5万kmを僅か越えている車であっても、
メンテナンスが行き届き丁寧に乗られているものであれば、3万km程度しか走っていない車よりも程度の良いものは多く存在するのです。

 

 

走行距離だけ見た場合の中古車相場としては、3〜4万kmしか走っていない車の方が高くなるのは当たり前です。
程度差が著しく違う場合を除き、走行5万km越えで丁寧に乗られていたと推測される中古車を見分けられれば、
お得に購入することができるはずです。

 

 

中古車の場合、室内の細かい箇所など素人がみても前オーナーの性格が要所要所で垣間見えてくるものです。
走行5万kmを超えてはいるが、綺麗でしっかりとメンテナンスなどされてきた車であれば、
その後もあまり費用を掛けずに長く乗れる可能性も大きいと言えます。

 

 

よく平均年間走行距離「1年1万km」と言われますが、
この位の走行であれば、5万km程度の中古車でも気になる10万km到達するまで5年近くは乗れる計算になります。

 

 

車買取り価格と走行距離はかなり密接に関係していますが、購入する場合には、反対に5万kmを少しでも越えた車程度の良い車などあれば価格から言ってもとても狙い目でしょう。

 

 

愛車を手放す一つの目安としてまずは走行距離を考えましょう。
5万kmや10万kmなどと言った区切りで査定価格も大きく変わってくる場合もありますので、頭の片隅においておくだけも良い取引ができるでしょう。

 

 

 

⇒車を少しでも高く売るなら比較が大事、こちらの記事でまとめています。

車買取り 走行距離の微妙なカンケイ関連ページ

中古車は綺麗にして売ったほうが高くなる?
中古車を売るときには普段使っている状態で。。。なんて言葉を鵜呑みにしたら、それ大損です!