中古車の査定

中古車の査定

中古車の査定では、車種や年式の他に、これまでどのようにその車に乗ってきたのかもポイントになります。

 

 

これまであまり丁寧に使われてこなかった中古車は、
それなりのコンディションであることが予想され、やはりそれなりの
金額しか出せないでしょう。
凹み、傷は中古車査定ではマイナスポイントなのです。
全く同じ車種、同じ年式の車でも、どのように利用してきたかで査定額に差が出てしまうのは、損ですよね、
日頃からできるだけ大切に車に乗りたいものです。

 

 

査定士はプロの目を持っています。
的確な査定ができなかった場合には、適正な価格でその車を販売することができませんから死活問題でしょう。
どの程度の距離を走った中古車なのかという点は、記録に正確に出ていますし、中古車査定では重要な判断材料となります。
ただ、単純に、長い距離を走っている車だから査定金額が落ちるというものでもありません。
日常的に砂利道を走ったりして車に負担をかけてしまっている場合は、並行な道だけを長く走っている車より価値が落ちているかも知れないのです。

 

 

また、メンテナンスをきちんと受けている車かどうかにも査定士は注目します。
車には定期的なメンテナンスが必要で、それを怠ると徐々に劣化してしまいます。
車を扱う際には、将来の中古車査定についても考えを巡らせて、丁寧に扱うよう心がけたほうが、
いつか訪れるであろう、車の売却の際によりよい査定金額が期待できます。

 

 

 

 

>>>トップページ

中古車の査定記事一覧

車買取り 走行距離は大事な査定価格を決定するポイントです。車買取りの査定では、その線引きは5万キロといわれています。つまり、車を売却する場合には5万キロ手前で手放すほうが効率がいいんですね。逆に中古車を購入する場合に少しでも割安に購入するときにも、ポイントは5万キロです。狙い目は、「走行距離5万km以上」!基本的に中古車相場からみて走行距離が「5万km」を越えると価格が大きく下がるのですが、ここで...

中古車を買取業者に査定してもらうとき、綺麗にしたほうが高く売れると言われています。外観を綺麗にするのに洗車・ワックスがけして、内装はゴミ・ホコリを除去してニオイを消しておきます。実際に喫煙車よりも、禁煙車のほうが高価で取引されるため、査定額に響いてくるのも間違いありません。綺麗に扱っていると、車を査定する営業マンからの評価も高くなるのです。プロの心理としても、綺麗に乗っている人の車を高く買取りたい...