アメリカ車の買取

第2次世界大戦以後、高度成長期に入ったアメリカでは、ビッグ3と呼ばれる自動車会社が急成長を遂げていく時代でもありました。
そして、アメリカは世界一の自動車大国として、君臨するまでになりました。
そのアメリカ車の中心となったのが、アメリカのモーターシティと呼ばれた、デトロイトの街になります。

 

フォードが1900年にデトロイトで自動車の量産を開始したのに続いて、GMやクライスラーも同じくデトロイトの町で生産をスタートさせました。
ビッグ3の中でも最大手GMの代表車といえば、「シボレー」になります。
スポーツカーからスタートしたシボレーですが、その後、小型車やセダン、クーペといった広いラインナップを揃えるようになりました。
日本では、「コルベット」や「カマロ」といったブランド名が有名です。

 

一方、クライスラーは高級セダンを中心に開発を進めてきましたが、現在ではイタリアのフィアットの傘下に入り、自動車メーカーとして事業を続けています。
日本では「ダッジ」や「ジープ」のブランドが有名です。
そして、アメリカの老舗自動車メーカーがフォードになります。
フォードは高級な自動車ではなく、大衆にも手が届く車「T型フォード」開発の功績が有名です。
日本では、SUV車の「クーガ」やスポーツタイプの「マスタング」が有名です。

 

こうした三社三様の開発コンセプトと、特徴あるラインナップが揃うアメリカ車ですが、日本国内では欧州勢に押されているのが現実といえます。
残念ながら、アメリカ車を求める需要が少ないことから、中古車市場でのアメリカ車の品揃えも少なくなっています。
従って、買取における査定においても、高い期待は持たない方が賢明といえます

 

 

 

>>>トップページ

アメリカ車の買取記事一覧

イギリスを代表する車には、ランドローバーとジャガーがあります。ランドローバーとはローバーの社名が、そのまま自社ブランドとして名付けられたものです。ランドローバーの開発コンセプトは、オフロードや悪路に適した4WD車の開発にあります。その一貫した信念は現在でも変わらず、ローバー社のコンセプトに賛同する愛好者がたくさんいます。特に、ランドローバーは、イギリス王室の御用達車としても、名を馳せています。この...